ラブラドールの保護犬ルイーズの百面相(それ以上かも・・・!?)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
軽井沢旅行記は、既に完結したんですが

旅行記に書けなかった、ちょっとした

こぼれ話をふたつほど・・・



ひとつめは、

同じホテルに宿泊していたラブちゃん。

15さいだったかな?

ルイーズ家は、夕飯に出掛けるところで

駐車場でその子に会ったんです。

そしたら、飼い主のお姉さんがルイーズを見て

「あっ!!おんなじだぁ~!!」と叫んだんです。

何が同じなのか、ルイーズパパとママは

その子とルイーズを交互に見比べたんです。

わからない・・・・何が同じかわからない。

そりゃぁ、同じラブラドールですよ。

まさかそんなことで叫ばれても・・・・。

そしたら、着ている服がいっしょだったんです。

その子は、介護ベルトをしていたので

よく分からなかったんです。

昨日「DOGDEPT」で購入した服を

当日その子は買ってもらったんだって。

まったく同じ、色まで同じものを購入って・・・

お土産にしないで、旅行中に着せちゃうなんて

双方、親バカ炸裂中!!!(お土産にしても親バカか!?)



そして、ふたつめ。

ハルニレテラスでの出来事。

丸山珈琲にて、珈琲を挽いてもらっている間、

外で待っていたんです。

そしたら、ちょっとダンディーな紳士が、

「触ってもいいですか?」

ここまでは普通だったんです。

そしたら、

「実は、以前ラブを飼っていて14さいで旅立ったんだけど、

そして最後は、「ありがとう」っていう目で逝きました。」

もう、ルイーズパパとママはうるうる涙目状態。

なんでも、盲導犬の不適合格犬を譲り受けたそうなんです。

今は、ワンの保護活動をされてるとのこと。

そして、ルイーズの我が家に来た経緯を話をしました。

そしたら、ダンディーな紳士は、近くにいた家族を呼んで

ルイーズ、家族の方にウニウニ、ワシャワシャ、デロデロ状態。

そこに、外人の女性もいたんです。その家族と親しい感じでした。

そして、紳士の娘さんが外人さんに英語で、

ルイーズの経緯を説明してくれたんです。

「ナンテラカンテラ、マウンテン、ドーテラコーテラ」

なんとかマウンテンだけは、わかった。

たぶん、「山に捨てられて、保護されてここの家に来た」みたいな

ことを言ったんだと思う。

外人さんは、

「オォ~!ソ~、ビュ~リフォ~!!」

そう言いながら、パシャパシャとルイーズの写真を撮ってくれました。


以上がこぼれ話でした。



そして、今日のルイーズは、

ruiz0667.jpg

ルイーズおばーばが、ワンを飼っているお友達から

牛のひづめを貰ってきました。


ルイーズが食べる前は、それほどでもなかったんですが、

食べ始めるとすんごく臭いんです。

でも、かなり時間がかかるようなのでいい感じです。

ネットで調べたらハミガキ効果もあるみたいです。


このにおいが部屋に充満しないことを祈るルイーズパパなのでした。





それじゃ、だんだんどーも。
スポンサーサイト
2011.10.27 / Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。